地震対策を考える

地震の予知とは

現在地震を正確に予知するための方法は確立されていません。
現在一般的に認識されている地震予知には地学系研究に
よるものと宏観異常現象と呼ばれるものがあります。
地学予想については、断層の蓄積エネルギー量や
その方向を計算し、地震が発生した際の被害の規模を
測るものです。
この研究は、機知の断層については情報の集積を行うことで
かなり正確な地震の規模を予想することができるのですが
断層がいつ活発になるかという地震の発生時期を予想できるもの
ではありません。

ただ、地震の前に断層に近い地域で地盤の隆起や沈下、
水位の異常な増減などが発生することがおおいため、水準値の
計測を行うことで、ある程度の予想が出来る場合もあります。

これに対して宏観異常現象による地震予知は俗説にもある
地震前にナマズが暴れるや小動物が逃げ出すなどの人間には
近く出来ない振動や音などを感じ取るといったもので
研究者も多くいますが実際に地震予知に役立つかどうかは
疑問とされています。
タグ:地震 予知

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。