地震対策を考える

地震対策の必要性

地震についていまのところ、完璧な予知を行うことは
難しいのが現状です。
地震に対する知識を身につけて、地震対策を
行うことで生命や財産をまもろうというのがこのサイトの
趣旨です。
火山大国の日本では、どこに住んでいても地震の
影響を受けないことは難しく、いかに地震に対して
準備をしていくか、災害にあったときにはどう対処して
いくかが重要になります。

私は阪神淡路大震災の震災経験をしていますが
地震はおこった時の家屋が潰れや火災も大変ですが
その後の生活が非常に大変です。

倒壊や火災を免れても、ライフラインといわれる
電気・ガス・水道が使えなくなるため、食べ物や飲み物の
確保もままならず、真冬であれば凍える危険もあります。
マイホームを持っている人は、家が無くなり借金だけが
残った人もいます。
自分の身を守ってくれるのは、結局自分だけです。
しっかり地震に対する準備をしておきましょう。
タグ:地震 対策

地震対策を考える

地震の多い地域

具体的にどんな場所で地震が多いのかというと
いわゆる火山の多い場所、環太平洋造山帯や
アルプスヒマラヤ造山帯などの山と海溝の
ある場所があげられます。
日本は特に周りが海溝でかこまれ山の多い起伏に
富んだ形からもわかるようにほぼ全体に地震が多い
ことになります。

その中でもゆれやすい地域というのがあり、歴史的に
みても最も地震の影響を受けているのが東京を中心と
した関東から東北地方にかけての一帯になります。
ただ、地震が多くゆれやすい地域が即地震による
被害の大きい地域になるわけではありません。

人口の密度や時間帯によっても影響は違います。
当然、都心で火を使う昼間に地震が起こった場合などは
郊外の夜間で地震が起こった場合などでは被害の
出方が違ってきます。
タグ:地震 地域

地震対策を考える

地震の予知とは

現在地震を正確に予知するための方法は確立されていません。
現在一般的に認識されている地震予知には地学系研究に
よるものと宏観異常現象と呼ばれるものがあります。
地学予想については、断層の蓄積エネルギー量や
その方向を計算し、地震が発生した際の被害の規模を
測るものです。
この研究は、機知の断層については情報の集積を行うことで
かなり正確な地震の規模を予想することができるのですが
断層がいつ活発になるかという地震の発生時期を予想できるもの
ではありません。

ただ、地震の前に断層に近い地域で地盤の隆起や沈下、
水位の異常な増減などが発生することがおおいため、水準値の
計測を行うことで、ある程度の予想が出来る場合もあります。

これに対して宏観異常現象による地震予知は俗説にもある
地震前にナマズが暴れるや小動物が逃げ出すなどの人間には
近く出来ない振動や音などを感じ取るといったもので
研究者も多くいますが実際に地震予知に役立つかどうかは
疑問とされています。
タグ:地震 予知

地震対策を考える

地震雲 地震予知

宏観異常現象なかで現在代表的なものに地震雲がありますが
関係については、なんとも言えない状態です。
地震が発生する際には、地盤崩壊に伴う電磁波がでるため
それが雲に影響を与えるという説です。
事実電磁波を調べて地震を予想しようというものがあります。
ただ、それも地震の前に必ず大きな電磁波が発生しているわけではなく
成果があがっていません。
そのため、電磁波と雲の形成についての関連性がはっきりしている訳ではなく
専門家からはあまり認められていません。
ただ、地震雲については全面的に否定されているわけではなく
まだまだ研究の余地があると思います。
地震雲の例としては主に糸や帯状に漂うような雲が多く、霧状のものや
くっきりと他の雲より輪郭のはっきりしたものがあげられます。
主に電磁波の影響を受けて極端にまっすぐになったり、
同じ形が不自然に並んだりするようです。
地震雲は早ければ地震の7日ほど前から発生し、2-3日前くらいに
活発になる様子。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。